開業後の経営サポート

関東で評判!「歯科医院の開業支援サービス」業者を一挙紹介

ここでは、歯科医院の開業支援サービスが実地している、開業後の経営サポートについて紹介します。

歯科医院経営の基本の考え方

現在、全国で開業している歯科医院の数は60,000を遥かに超えており、特に、その数は南関東エリアに集中しているようです。埼玉県は、3,400もの歯科医院が埼玉県で開業していますが、この数は東北6県で開業している医院の合計数とほぼ同数と言われています(2010年現在)。

また、歯科医院の平均年収は約740万円程度。サラリーマンよりはいいものの、開業費用で数千万円以上を借り入れ、さらにその後の維持費などを考えれば決して高い数字ではないでしょう。

廃業・倒産する医療機関のうち、およそ4割を歯科医院が占めているとも言われています。他の医療業種に比べ、歯科医院は初期の開業資金が比較的抑えることができるため、開業までのハードルが低く感じられるかもしれません。しかし、その結果、供給が需要を上回り、経営難から廃業・倒産してしまう歯科医院も増えているのが現状です。

厳しいことを言うようですが、開業にあたっては、これらのリスクがあることを必ず念頭に置いておくことが必要です。歯科医院が「ただ開業しているだけで儲かる」時代は終わりました。これからは、歯科医師としてだけでなく、経営者の立場からも、医院のことを深く考えていく必要が求められるでしょう。

今回紹介した開業支援業者の中には、これらの現状を鑑みて、経営者としての歯科医師育成セミナーを開設している業者もあります。検討してみてはいかがでしょうか。

安定経営のコツは初期投資額の低減と業者のサポート

倒産・廃業といった事態を避けるために、「開業時の初期投資を抑えること」が重要なポイントのひとつです。

開業には大きなお金が動くため、余分なものを買ったり、初期段階から不必要に高性能な機器を入れてしまうことがないよう、十分気をつけましょう。開業時には比較的楽に借りることができたお金も、実際に仕事を始めて業績が悪くなってくると、次第に借りにくくなり返済内容もシビアになります。

高額な医療機器であれば、医療機器のレンタルシステムを利用する中間マージンをとらない医療機器販売会社を利用する…と言ったことでも、費用は格段に抑えることができます。

また、孤独な経営での行き詰まりを防ぐために、様々な相談ができる相手を作ることも重要です。開発支援業者の中には、「相談料」というメニューを設けるところもあれば、おつきあいの一部として、親身になってサポートしてくれる業者もあります。ちょっとした経営のひずみに早く気がつくためにも、第三者の目を活用して、常に自分の医院を冷静に判断できることが大切でしょう。

医師が選ぶ歯科医院の開業支援サービス