集患のための広告・宣伝

関東で評判!「歯科医院の開業支援サービス」業者を一挙紹介

ここでは、歯科医院の開業サポート業者が代行してくれる広告展開について説明します。

広告宣伝の基本の考え方

開業とともに必要なのは、宣伝販促物の準備です。この広告宣伝ですが、開業支援業者のほとんどが代行業務を行ってくれます。

広告宣伝費は、かければかけるほど良いというものではありません。適切な時期に適切なかたちで宣伝することが大切なのです。特に、郊外になればなるほど、ターゲット層が高齢(または低年齢)化すればするほど、「アナログ」な宣伝が効果を発揮します。

開業時には最低でも

  • 目を引く外看板
  • 診療時間を明記した壁看板
  • 開業のあいさつを書き込んだ折り込みチラシ

を準備しましょう。

ちなみに、歯科医院の多くがグリーンやイエロー、オレンジの色を活用していますが、これらは”癒し・温かみ・安心”をイメージさせる色だからです。同様に、明朝体よりもゴシック体の書体の方が親しみがでます。一方、口腔美容であれば、ブルーや薄いピンクの色が”爽やかさ・清涼感”を演出してくれます。

開業支援業者と相談する時は、自身の理想とするクリニックを想定して、イメージを的確に伝えることが重要でしょう。

インターネットを積極活用

既にたくさんの医院がホームページを開設しているように思われるでしょうが、平成17年の厚生省調べによれば、歯科医院で専用ホームページを開設しているのはわずか3割弱に留まります。ということは、あなたの医院が都市部や競合が多い場所にある場合、ホームページで宣伝することが、ひとつの戦略となるでしょう

また、郊外や若いママが多い場所に医院があるならば、携帯サイトの活用も効果的です。郊外はパソコンよりも携帯電話でのアクセス数が多いという調査結果もありますし、パソコンを開ける時間がない忙しい人でも、携帯であれば、開院時間などを手軽にチェックできます。

サイトで明記したい一番重要な情報が、開院時間予約電話番号です。特に、電話番号は画像にせず、番号をコピーできる状態にします。後は、クリニックの内部の写真など、基本的な情報が入れば十分でしょう。

なお、患者の多くがほしがる情報のひとつが、費用の目安です。十分な情報提示ができなくとも、「保険診療を基本とします」というコンセプトを明確にすると、サイトを見た人に安心感を与えることができそうです。

医師が選ぶ歯科医院の開業支援サービス