医師が選ぶ歯科医院の開業支援サービス

関東で評判!「歯科医院の開業支援サービス」業者を一挙紹介

歯科医院開業を強力サポートする支援業者比較

あなたの理想の歯科医院開業のために。歯科医師という職業に就いたからには、やはり「独立開業」を目指したいもの。実際に30代、40代になると、自身の医院を持つ医師は増加します。しかし、近年の歯科医院過剰に伴い、数年のうちに経営不振で倒産・閉院したという話も少なくありません。

無理のない事業計画を立て、確実に成功する歯科医院作りをしたい。そんな歯科医師の心強い味方が、歯科医院に特化した開業支援業者です。

歯科医院の開業支援業者は、物件紹介から事業計画書の作成、歯科医院で必要な医療機器の販売・代理購入、融資の相談、開業手続きで必要な各種届出・申請の代行、スタッフの教育など、さまざまなサービスで開業をサポートしてくれます。さらに、開業後の経営コンサルやセミナーを実施している業者もあります。

このサイトでは、歯科医師を強力にサポートしてくれる開業支援業者を集め、「サービスの種類・開業支援プランの内容・医療機器の提案・販売の有無・アフターフォローの有無と内容・実績」等のポイントで比較しています。

それぞれの業者の概要や特徴も調べて、「単に歯科医院をスムーズに開業させるだけでなく、長く繁盛するクリニック作りを提案し、開業だけで終わらない、末永い経営パートナーとして付き合える」ことを念頭に順位付けしています。

これから開業を考えている、経営を上向きにしたいと思っている、そんな方々の参考になれば幸いです。

歯科医院の開業支援サポート業者ベスト5
第1位
ウスイデンタル
http://www.usuid.com/
サービスの種類 医療機器販売、 物件紹介、内装工事請け負い、各種届け出代行、融資の相談、スタッフの教育、セミナー開催など。
開業支援プラン 物件紹介、歯科医院専門内装デザイン会社の提携、医療機器販売およびレンタル、医療機器納入設置、求人募集代行、事業計画書フォーマットの提供や関連機構への届け出代行など、開業にかかわる全ての面でのサポートを実現。
医療機器の
提案・販売
価格を抑えた開業パッケージ(32機器セット)を販売しているほか、業界初のレンタルサービスも実施。全ての医療機器メーカーと強いパイプがある。
開業後の支援
(アフターフォロー)
歯科衛生士向け出張セミナーなどスタッフ育成サービスを始め、資金運用サポートや、資金繰りが困ったときにも親身に相談にのってくれる。
日本歯科用品商協同組合連合役員であり、法改正などの情報も入手しやすい。
実績など 開業だけでなく、増患実績も多数。
歯科医院専門のサービスを20年以上も提供しているため、サービスの充実度、専門的な知識の高さなどから開業を考える歯科医師の多くから信頼を得ている。
コメント 歯科医院開業を専門にした支援業者。
商品販売だけでなく、物件紹介から内装工事、各種届出の代行まで、1社ワンストップのサービスを展開しているのが強み。
1.5倍の集患を実現させた増患実績もあり。
また、ウスイデンタル独自の医療機器レンタルシステムは、業界注目の新サービス。
第2位
リーマーメディカル
http://www.reamermedical.com/
サービスの種類 医療機器販売、物件紹介、内装工事請け負い、各種届け出代行、セミナー開催など。
開業支援プラン 無料サービスとして開業相談、開業場所の選定、診療圏調査、資金計画等がある。
医療機器の
提案・販売
国産の医療機器を揃えた歯科医院開業パック(21機器)を販売。レンタルは行っていない。
開業後の支援
(アフターフォロー)
不明。
実績など 開業実績235件と豊富。歯科専門の総合商社だけあって、器材納入実績も多数あり、地元・千葉を中心に信頼を得ていることがわかる。
コメント 医療機器の納入だけでなく、テナントの紹介や医師・スタッフの募集までさまざまなサポートを行う。アフターフォローや、開業の際の内装デザイン、施工管理などはないものの、サイト内に会員専用コンテンツを設けるなど、歯科医師の開業サポートに対する本気度は高い。
第3位
ジャパン・プラクティス
http://www.japan-practice.jp/
サービスの種類 医療機器販売業者の紹介、 物件紹介、内装工事請け負い、各種届け出代行、セミナー開催など。
開業支援プラン 有料サービス(開業準備パッケージ/10万円)は、物件選定協力、診療圏簡易調査、スケジューリング、予算策定、業者選定協力。
医療機器の
提案・販売
医療機器の販売は行っていない。「必要であれば、業者の選定協力を行う」とあり、販売や提案には消極的。
開業後の支援
(アフターフォロー)
税務会計業務を中心にサポート。
実績など 医療専門のコンサルティング会社として、110件の実績(WEBサイト構築のみも含む)を持つ。多くは医院やクリニックであるものの、歯科医院の実績もある。
コメント 調剤薬局の開局サポートや調査分析、グループマーケティングなども行う、医療および歯科向けの経営コンサルタンティング会社。基本的には「アドバイス」と「紹介」が主なサポート業務となり、機器の販売等はない。著書も多く、知名度では今回一番。
第4位
メディカルイノベーション
http://www.medicalinnovation.co.jp/
サービスの種類 医療機器販売業者紹介、 物件紹介、内装施工管理、各種届け出代行、セミナー開催など。
開業支援プラン 有料サービス(無床診療所パック/200万円 )は、経営戦略の立案、スケジュール管理、内装設計や施工の管理、医療機器の選定・価格交渉、採用アドバイス、広告アドバイス、届け出サポート。
医療機器の
提案・販売
医療機器の販売は行っていない。有料の支援パッケージの中に、医療機器の選定や価格交渉が含まれるのみ。
開業後の支援
(アフターフォロー)
月次顧問料5万円~での経営支援メニューを用意。
実績など 特にショッピングモールや医療モールへの出店実績が多い。その他新規開業や居抜き、継承物件については不明。
コメント 医療モールブランド「medimo」を持つ経営コンサルティング会社。基本的には「アドバイス」がメインで、さらに内装設計なども行っている。物件紹介も行っているが、ほとんどが商業施設なので、無理なくまずは様子を見て、という方向け。
第5位
ジャストワン
http://just-1.net/
サービスの種類 医療機器購入代行、 物件紹介、内装工事請け負い、各種届け出代行、セミナー開催。
開業支援プラン 有料サービス(50万円/6カ月)は、開業相談、物件紹介、事業計画、診療圏内調査、内装工事、機器購入、宣伝企画。
医療機器の
提案・販売
医療機器の販売は行っていない。有料の支援パッケージの中に、医療機器の選定や価格交渉が含まれるのみ。
開業後の支援
(アフターフォロー)
6カ月50万円~にて請負可能。
実績など 不明だが、スタッフ募集などもあり、増患はしている様子。
コメント 歯科医師の開業に特化したコンサルティング会社で、基本的には全て紹介や代行サービスを行っている。木更津近くと少々アクセスが悪いことと、打ち合わせ時の交通費別途という点を考えると、千葉県内、または川崎エリア以外の開業には向いてないかも。

サービスの種類、開業支援プランの内容と費用、アフターフォロー、会社の実績で比較した結果、1位となったのは、歯科医院向けの医療機器を専門に販売している「ウスイデンタル」です。

医療機器販売会社といっても、医療機器販売、 物件紹介、内装工事請け負い、各種届け出代行、セミナー開催などの開業支援事業も行っており、他のコンサルティング会社にひけをとらないサービスの充実度が目を引きます。

さらに、他社が「医療機器販売代行」「販売会社紹介」とだけうたっているのに比べ、国内外の数多くのメーカーから医療機器を自由にセレクトできる「ウスイデンタル」は、コンサルティング会社以上のサービスを展開しているといえそうです。

開業支援から開業後のサポートまで1社にお任せでOK

ウスイデンタルの一番のメリット、それは「開業に必要な、ほとんどのことが1社で担当できる」ことです。

歯科医院を開業するまでに、歯科医師が行わなければならないことは、およそ8つのステップに分けられます。

  • ウスイデンタルのサイト画像開業準備として(開業の半年~10ヶ月前)
    1.事業計画を作る
    2.自分のコンセプトに合った物件を探す
    3.資金計画を行い、銀行等に融資申し込みをする
  • (物件が決まってから2ヶ月前くらいまで)
    4.必要な医療機器を揃える
    5.内装工事を行う
  • (開業1ヶ月~2ヶ月前)
    6.広報宣伝計画を作り、告知する
    7.スタッフの採用と育成
    8.各種届け出を行う

これらの作業を、時には同時進行で、たった半年から10ヶ月で行うことは、これまで治療が主な仕事だった歯科医師にとっては大きな苦労が伴い、失敗につながることもあります。

この煩雑な作業をサポートするのが、歯科医院開業支援業者です。

しかし、中には自分の得意分野だけ(例:財務部門のみ、企画立案のみ)しか担当できず、それ以外は「他社への紹介」というスタイルをとる会社もあるようです。この場合、各会社と歯科医師が個別に折衝しなくてはならず、煩雑さは結局変わらない、という結果に終わってしまうことにもなりかねません。

ウスイデンタルのように、1社がすべてを請け負う形であれば、物件探しから医療機器の納入、内装工事など、関連するすべての業務を一括で依頼し、情報共有を行うことができます。多数の会社とやり取りをするよりも、折衝が手軽で安心できますね。

プロならではの医療機器の提案力

実際に治療をする歯科医師にとって、自分が使いやすい機器を手にできるかどうかは、治療の質を左右する重要なファクターです。

医療機器の販売も行っているウスイデンタルは、全てのメーカーとのパイプがあるので、歯科医師が使いたいと思っている医療機器や、開業予算に合わせた機器(中古品を用意することも可能)、故障の少ない機器など、歯科医師のイメージや予算にあわせて提案してくれます

さらに、開業時に費用の負担が大きい医療機器の購入を、「レンタル」という形でも提供してくれます。これは、今回調査した中ではウスイデンタルだけが行っているサービスで、医療機器の購入やリースが難しい歯科医師にとって、ありがたいサービスだと思います。

「中立な立場で最適の機器を調査・紹介します」とうたっている業者もありますが、やはり本職ではありません。実は、今回調査した開業支援業者のほと んどが、医療機器を販売していない、もしくは特定のメーカーとしか取引をしていない会社でした。そうなると、どうしても付き合いの深いメーカーを提案しがちになってしまうことが多いようです。なかには、紹介料やマージンを取られ、結局は自分で折衝した方が安かった…というケースもありますので、選定は慎重に行いたいものです。

歯科医院専門のデザイン会社が内装を担当

歯科医院開院に向けて欠かせないのが、物件探しと内装工事です。ウスイデンタルは、ここでも他を圧倒するレベルの高さを見せています。

まず、物件紹介では、新規物件とともに「居抜き」物件を多数紹介しています。居抜き物件は、初期投資が抑えられる上、広さや導線、電力量が十分に備わっているなど、古さを補ってあまりあるメリットがあります。しかも、新規物件でトラブルになりやすい「オーナーがクリニック開設に後ろ向き」と言ったこともないので、安心して契約できます。開業時の負債が後々まで尾を引くと言われる歯科医師業界ですので、この居抜き物件を扱っているかどうかというのは、開業を真剣に応援しているかどうかの一つの目安になると思います。

さらに、ウスイデンタルは、新規・居抜きのほか、「住宅付き物件」まで紹介しています。歯科医師のニーズをしっかりとつかんでいる証拠です。

また、歯科医院の印象を決め、使い勝手を左右する内装ですが、ウスイデンタルでは歯科医専門の内装デザイン会社「BIOS」と提携し、デザイン設計を委託しています。

「BIOS」は、オシャレな空間をデザインすると有名なタカラスペースデザインの出身者から構成され、歯科医院の設計を専門にしています。そのため、大手ハウジングメーカーのように、歯科医を数件程度手がけたことがある程度の業者とは違い、デザインも素晴らしく、医師が動きまわる範囲や導線を想定した設計、さらには、導入する医療機器のサイズにも考慮したデザインが可能なのです。

アフターフォロー・経営コンサルなど、開業後の支援も潤沢

ウスイデンタルは、アフターフォローも充実しています。

まず、こちらの社長は、日本歯科用品商協同組合連合会の役員をしています。そのため、法令の改正などの新しい情報入手は、どのコンサルティング会社よりも早いといえそうです。この最新情報をいち早く歯科医院に伝えることができるため、院長は手早く準備をすることができます。

また、開業後の資金の運用アドバイスを行ってくれたり、資金繰りが厳しくなった時にも相談にのってくれるなど、上向きでない時にも親身にサポート・フォローしてくれる温かい一面も持っています

スタッフ育成では、歯科衛生士のインストラクターを連れてきて教育する期間を設け、働く環境を作り、運営していけるようなシステムを整備してくれます。また、開業準備と平行して求人募集を行うことが困難な場合、募集から一次面接までの作業を代行してくれるサービスもあります。

歯科医院開業、そして開業後の「困った」に幅広く対応し、かゆいところに手が届くサービスをしてくれるのが、ウスイデンタルなのです。

>>歯科医院開業支援サポート「ウスイデンタル」のHPへ

医師が選ぶ歯科医院の開業支援サービス